麻雀は4人で麻雀卓を囲み34種×各4枚、計136枚の牌を使用し誰が一番最初に上がりの形を作るかを競うテーブルゲームとなります。ここでは、基本的な麻雀ルールと用語・進め方を解説していきます。

スポンサーリンク

麻雀の基本ルールと用語

麻雀の進め方

ここでは、場所決めからゲームの半荘(一回戦)が終わるまでの大まかな流れを説明しています。

一局の流れ

半荘(一回戦)の流れがつかめたら、次はゲームの最小単位である局について見ていきたいと思います。半荘とは東4局と南4局の計8局で構成されています。

連荘(レンチャン)と親流れ

局が終了すると親が下家に移動する場合としない場合があります。連荘は勝利への近道!!仕組みを覚えておきましょう。

流局と途中流局

特定の条件を満たすことで和了者(あがれるプレイヤー)が出ないまま局が終了する場合があります。このことを流局と呼び、流局にはいくつかの種類があります。ここでは流局について見ていきたいと思います。

鳴きのルール【ポン・チー・カン】

通常は 摸打(モウダ-自摸と打牌)によって自分面子を作っていくのですが、特定の条件下では他家の打牌により面子を作ることができます。それが「鳴き」(正式には副露・フーロ)です。ここでは鳴きについて詳しく見ていきます。

チョンボとルール違反

麻雀はルール違反をすると、【満貫罰符】【あがり放棄】【供託】と呼ばれるいづれかのペナルティが課せられます。「あがれる手だったのに満貫罰符・・・」なんてことにならないように注意しましょう。

喰い替えに注意!メージャー過ぎるローカルルール

リーチ者の一発を消す喰い替えはローカルルールでありながら、多くのグループで採用されているルールです。役無し等の理由でどうしても喰い替えが必要な場合の喰い替え回避方法も合わせて確認していきましょう。

麻雀用語一覧

麻雀では数多くの専門用語が使用されます。ここでは麻雀用語を紹介しています。