麻雀は運要素を多分に含むゲームなので、初心者が上級者に勝てることもあります。ここが麻雀の面白いところの一つですが、長く遊んでいると必ず優劣が付き、初心者が上級者に勝てる確率は0に等しくなります。これには上級者が初心者に持っていないテクニックをたくさん知っているからです。ここでは麻雀で負けを減らすためのテクニックを紹介していきます。目指せ【脱・下手くそ麻雀】

スポンサーリンク

負けを減らすためのテクニック

初心者泣かせ!フリテン【振聴】のルール

麻雀にはフリテンというルールがあり、(一部のローカルルールを除いて)「自分が捨てた牌でロンあがり」することがぜきません。ここではフリテンについて詳しく見ていきます。

【待ち】の種類を覚える

麻雀で「あがる」一歩前の状態をテンパイといい、この時にできるだけ多くの種類・多くの数の牌で【待つ】ことが麻雀で勝率をUPさせるための一つの要素となります。まずは、どのような【待ち】の形があるか覚えていきましょう。複合系の待ちは練習問題形式で紹介しています。

初心者即リー【立直(リーチ)】のススメ!!

麻雀初心者は副露(フーロ)はせずに門前テンパイ即リー(リーチ)がオススメです。麻雀で和了(あがる)為には役が必要ですが、リーチはそれ自体が1翻の役となるためテンパイ時に役が無くても和了することが可能です。他にも複数のメリットがあります。序盤・中盤で先制リーチができる場合は積極的に即リーを仕掛けていきましょう。

狙え!メンタンピン!

【メン=リーチ】【タン=タンヤオ】【ピン=ピンフ】はどれも1飜の役すが、出現頻度が高く牌効率もよい戦術としてとても重要な役となってきます。ここではメンタンピンについて詳しく見ていきたいと思います。

スジ牌から安全牌を読む

フリテンを利用した振り込み(放銃)回避術。まだ、スジ読みを覚えていない麻雀初心者は必ず覚えましょう。麻雀はリャンメン待ちが非常にあがりやすく、リャンメン待ちになる確率も高いです。スジ読みを覚えればリャンメン待ちに対する放銃率を格段に下げることができます。

壁スジの応用とその守備力

上の項の続きです。壁を見つけることができれば、そこからの応用で安全牌である可能性のあるスジ牌を見つけ出すことができます。この応用をマスターすると、手牌と捨て牌からリャンメン待ちはもちろん、情報次第で【カンチャン待ち】【ペンチャン待ち】【単騎待ち】【シャンポン待ち】まで防げる場合もあります。